中古マンションを購入





年収300万台で、中古マンションを購入しました。(2014年初旬ごろ)
購入当時は、私は専業主婦で共働きではありませんでした。

年収300万台で小さい子供を抱えて、日々の生活が大変だった時、家計のどこを削ったらいいのか?ばかりを考える日々が続きました。


家計に大きく響く住居費。
賃貸マンションに住んでいたので、毎月の家賃代が家計の負担になっていることに気づき、ここをどうにかしなければこの先に明るい未来はないな、と真剣に考えていたこともあります。

普通ならば、家を買う時には、住宅ローンを組むことなる。
年収300万台ではたして貸してくれるだろうか?

このまま賃貸でいるか、頭金を貯めるまでじっと待つか?
頭金を貯めるのにも、家賃を支払いしながら、頭金を貯めなければならない厳しい現実。

なかなかゆとりのない暮らしから抜け出せない。

ダメもとで、住宅ローンを申し込んでみよう。
背伸びをせず、身の丈に合った金額を借りよう。ということで、中古のマンションを購入する流れになりました。

中古マンションということがポイント。

もともと賃貸で借りていたのが、分譲マンションの賃貸貸し物件だったので、そのまま購入することができたことも大きなメリットだったかもしれません。
引越し代や修繕費などが一切かかりませんでした。

結局、中古マンションを購入したおかげで、マンションの修繕積み立て金とか管理費とか差し引いても、賃貸で借りていた家賃代から2万円も支払いが減りました。

現在は、共働きで住宅ローンの早期繰り上げ返済に励んで次の目標に向かっています。


home