年収300万台で住宅ローン





中古マンションを購入でも書いたのですが、我が家は年収300万台で家を購入しました。
しかも、住宅を購入するために用意した頭金があったわけでなく、別の貯金を当てて、それを頭金にしました。 約120万ぐらい。

でも焦って購入したわけではありません。

当分使う必要のない現金(120万)も把握していたし、賃貸で借りていたマンションをそのまま購入するので、周りの環境や、マンションの住み心地等、いろいろ理解してわかっていました。

しきいが高かったのは、「住宅ローンを組むということ。」
ネット等で調べると、年収300万台は住宅ローンは組めない、と書いてある所がほとんど。

住宅ローンが組めなければ、家がほしくても買えません・・・。

で、不動産屋さんに聞いてみると、条件にもよりますが、今は住宅ローンがだいぶ組みやすくなっている、とのこと。

結果、無事に住宅ローンを組んで支払い真っ最中です。
旦那さんは、6社事前審査して、4社OKをもらいましたよ。


住宅ローンを組んで大変さは今のところ感じてないです。家賃を支払うような感じで勝手にひかれていくし、

家賃より2万円も下がった金額で住宅ローン支払いをしているから、賃貸より負担が減りました。

それに、賃貸で家賃を支払っていても自分の物にはなりません。
無理なく支払える金額で住宅ローンを組めるのなら、私は賃貸より分譲派ですね!今のところ。

次なる目標は、住宅ローンを早期に繰り上げ返済して、出来れば、今のマンションを賃貸で貸そうと考えています。

庶民にそんなことが出来るのか? やれないことはないかも?なんて考えたりしています。

住宅ローンを組む際は、無理をしないできっちり返せる金額を把握してローンを組むことが重要ですね!


home